ビザの問題

就労ビザとは

ビザと在留資格の違い

就労ビザという単語はよく聞くと思います。しかし「就労ビザ」というビザは実際には存在しません。外国人、業者、入管などの間で、就労することが許可された在留資格を指してワーキング・ビザ、就労ビザなどと呼んでいる、いわばスラングです。「ビザ」自体は別に存在していますので、実は大変紛らわしいスラングなのです。ここで整理をしておきます。

ビザとは日本語では査証といいます。一般的な日本人が海外旅行にいくとき、かなりの国でビザが免除されているので、あまりなじみがないのですが、ビザというのはその国に入国するための許可を受けたことを証明するためだけのものです。


入国させることだけが目的ですから、日本に居つづけていいというものではないのです。日本で、収入をえる、生活していくためには在留資格という資格をとります。わかりづらいので例をあげます。

海外にいる音楽アーティストを日本に招聘する場合、まずそのアーティストがそれなりの活動を本国でしていて日本で一定以上のクオリティの演奏ができること、日本でのコンサート活動のスケジュールなどの資料とともにを入国管理局に提出して、在留資格認定証明書というものを取得します。

この時もらえるのが興業という種類の在留資格です。この在留資格を取得すると、在留資格認定証明書が発行されます。招聘元はアーティストのマネージャーに在留資格認定証明書を送付します。その書類を受け取ったマネージャーは自国の日本領事館へいきます。そこで来日するアーティストやバックバンド、マネージャーなどスタッフのパスポートと一緒に在留資格があることを提示してビザを取得します。


日本の空港ではパスポートに貼り付けられたビザを確認して入国が許可されます。はじめて日本における在留資格を取得する場合、短期滞在という観光や単なる打ち合わせのための在留資格以外は、原則この方法がとられます。

このケースでは興業でしたが、例えば最近たくさん見かけるエスニック料理のお店で働く外国人のシェフは技能という在留資格を取得します。

一般的な経理や管理事務、営業などの業務をこなす方は技術・人文知識・国際業務という長い名前の在留資格を取得します。

また事業を開始したいといった場合には経営・管理という在留資格を取得します。

個々の在留資格については別ページをご覧ください。

雇用形態と在留資格の関係

外国人を雇用するにあたり、仕事の内容と在留資格が深く関わってきます。また、正社員かアルバイトかでも注意すべき点が違います。

Presented by 大江戸国際行政書士事務所