大企業から個人事業主まで幅広く対応

当事務所では、個人事業主から上場企業まで、様々な規模、業種の企業からの依頼に対応してきました。個人事業主、経営者一人の企業であっても、入管法の定める条件をクリアすればビザは取得できます。本当にその外国人に働いてもらいたいのであれば、しっかりとした立証資料で説明をして申請をすることです。

徹底したヒヤリングでリスク排除

100%とは言いません、しかし99%を目指します。ビザは、適切なアプローチとステップを踏めば取得できます。しかし、100%はありえません。たとえば、お客様と申請者、私どものとの間でしっかり話し合っても、申請者が、過去に退去強制や虚偽の申請をしたことを隠していたため却下になったというケースはがあります。それをひっくり返すの大変な作業です。私ども事務所は、そういうリスクも承知していただいた上で、契約をさせていただいていますが、一方でできる限りそういったリスクは事前に排除できるようにしっかりとヒヤリングをさせていただきます。

外国人の在留期限もしっかり管理

せっかく雇用した外国人が手続きの遅れで、ビザが切れてしまうようなことがないように、管理をしていますので、安心してアウトサーシングしていただけます。外国人雇用専門の総務顧問と思っていただき、安心しておまかせください。

「外国人雇用とビザの相談室」主催

大江戸行政書士法人

「外国人雇用とビザの相談室」は、
大江戸行政書士法人(東京都台東区)が主催しています。
大手電機メーカーから音楽業界へ転身して外国人アーティストの招聘に携わり、現在は著作権等知財を含む企業法務・外国人関連の国際業務を主業務とする代表の他にも、飲食店経営経験者、外国人向け不動産賃貸業経営者、銀行・損害保険会社勤務経験者など、多彩な経験を持つ行政書士が皆様の事業をトータルサポートしています。